パニック障害体験談:初めて過呼吸になった話とそれを脱出した方法

パニック障害

いつもはセルフアイデア形式で書いてますが、日記風に・・・

先週末初めて、過呼吸になりました。

時間は、夜中の2時ころ。

最初はいつもの発作だと思っていたら、だんだん呼吸が上手くできなくなってきました。

そのとき、ちょうど彼と電話をしていたのですが

「息が苦しい、上手く呼吸ができない!」

と伝えたら、

「好きな漫画を読んだら?」と言われました。

しかし、過呼吸で苦しくて本棚まで行く余裕もなく、

「無理」

と伝えたら、青空文庫を読んでみようと言われ、ネットで青空文庫を開いて

なんでもいいからと、何か小説を開きました。

ここで、とにかく気ををそらしたいという気持ちから、小説を朗読するというアイデアが浮かびました。

彼と電話をしながら、小説をひたすら朗読することになりました。

最初は呼吸も乱れて声を出して読むのもやっとでしたが、声を出す=息を吐くという行為をしたおかげか、だんだん普通に読めるようになってきました。

10分ほど読んでいくと、もう内容の方が気になっていて過呼吸はいつのまにか収まっていました。

この朗読方法をのちのカウンセラーの人に言ったら、とても良いアイデアだったとのこと。

朗読をすることで、呼吸にリズムができて過呼吸をおさめるのに良い影響を与えたとのことでした。

過呼吸は本当に辛かったです。

今回は朗読という方法でなんとか乗り切ったけど、これからも出ることもあるかもしれないので、自分なりに対処法を身につけたいと思い、Twitterで色んな方に過呼吸の対処法を聞いて、収める方法を教えてもらいました。

沢山の方に教えていただいて本当にありがたかったです。

うまくコントロールしていければ良いな・・・

私も参加している2つの総合ブログサイトです。パニック障害体験談や克服法などのブログが沢山登録されているので、療養中の参考や励みになると思いますので是非読んでみてください。

また、応援してくださる方はポチっと押していただけるとブログを書く励みになります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


パニック障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました