パニック障害克服法:寝起きの憂鬱を解決する方法

パニック障害

朝起きた時ってなぜか憂鬱・・・なんてことはありませんか?

朝起きた時の憂鬱さの原因は、私は大きく分けて2つあると思っています。

それは精神的なものと身体的なものです。

先日、パニック障害克服法:朝起きた時の憂鬱さの原因とは?では、精神的な面での原因を紹介しました。

今回は身体的な原因を紹介していきたいと思います。

寝ている間に身体に猛烈に力が入っているかも!?

私は、朝起きると毎日のように肩から頭にかけてズーンと重くて、心まで憂鬱になっていました。

しかし、もともと肩こりが激しい方なので、この肩こりは仕方がない、治ることはないと思っていました。

でも、ここで見逃してはいけなかったのです。

慢性化してしまった肩こり・首こりには必ず原因があるのです。

パニック障害の方に限った話ではないのですが、朝起きた時に肩・首がこっている方は多くいます。

枕が合っていない、室温が低すぎる、歯ぎしりしてしまっているなどなど。

そして、肩こり・首こりはそれだけで気分を憂鬱にしてきます。

肩こり・首凝りの原因は様々だが歯ぎしりは盲点

私は、ふと以前から気になっていた歯ぎしりのことを思い出しました。

もしかして歯ぎしりって肩こりに影響している!?

調べてみると、歯ぎしりは肩こりの大きな原因の一つになるとのこと。

ちなみに私は、寝ている間、私はとんでもない音で歯ぎしりをしていて、朝起きると口の内側が切れていたりするほど酷いです。

そこまで力いっぱい噛みしめていたら肩や首がこるのは当然だったということでしょう。

つまり、歯ぎしり→肩・首こり→朝の肩から頭にかけてズーンと重くなる→気分が憂鬱になる

というサイクルが出来上がっていたのです。

寝ている間の歯ぎしりの予防方法

私は、歯ぎしり対策としてマウスピースを購入しました。

マウスピースは自分で型をとってぴったりのものをつくるタイプにしました。

そして、実際使って寝てみたら・・・

初日はあまりの違和感に寝てる間にはずしていました(笑)

しかし、ひどい肩こり・首こりがほぼなくなっていたのです。

歯ぎしりが原因だったのが明確になった瞬間でした。

それからほぼ毎日つけていますが、朝起きたときの憂鬱さが、肩こり・首こりが軽くなっただけで、ほぼなくなりました。

歯ぎしりしているか確認する方法

歯ぎしりは、自分で気づくのは難しいかもしれませんが、口の内側の頬の裏側あたりに切れた跡がスジのようになっていたりすると歯ぎしりしている可能性が高いです。

また、寝ている間にいびきを録音するというアプリもあるようなので、それを利用してみるのも良いかもしれません。歯ぎしりは結構音が大きいので、音が入ると思います。

まとめ

寝起きの憂鬱さの原因は他にもあるかもしれませんが、もし歯ぎしりによる肩・首こりなら対策をすればかなり改善しやすい上に、効果がわかりやすいです。

なので、もし歯ぎしりしていることが確認できたら、出来る限り対策をして、朝の憂鬱さを解消していきましょう(*^^*)

私も参加している2つの総合ブログサイトです。パニック障害体験談や克服法などのブログが沢山登録されているので、療養中の参考や励みになると思いますので是非読んでみてください。

また、応援してくださる方はポチっと押していただけるとブログを書く励みになります。よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


パニック障害ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました