パニック障害体験談:私が電車に乗れるようになるまで【ドアが閉まる瞬間が1番怖かった】

パニック障害

私は、電車に乗れなくなって以来、しばらく乗らない時期を作りました。

(この時期の詳しい内容はパニック障害克服法:電車に乗れない!と悩んでいる方へ。無理に乗らなくても大丈夫。そういう時期を作るのも大切なことをご覧ください)

そして、その時期を経て、日常のパニック障害の症状も少し落ち着いてきたところで、電車に乗る練習を始めました。

電車のドアが閉まる瞬間の恐怖をどう乗り越えたか、練習に最適な電車の状況などリアルな体験談をお伝えします。

前提:電車に乗る練習に最適だと思う電車の状況

空いている時間帯:13:00~16:00の電車

朝・夕のラッシュ時間はもちろん避け、午後の空いている時間に練習しました。人が多いとやはりハードルが高くなってしまいますので、まずはこれくらいの時間からが丁度よかったです。また、遅延なども起こりにくい時間帯ですので。

各駅停車の列車

いきなり無理せずに、一駅一駅停まる電車で練習しました。できるならば、駅と駅の間隔が短い区間だとなおよしです。

車両は一番後ろ

一番後ろの車両は、比較的すいていることが多く、また、車掌さんもいるので、何かあった時に伝えることもできます。私は実際に車掌さんに伝えたことはなかったのですが、そう思えることが安心材料の一つにもなり、他の車両より安心して乗ることができました。

天気が良い日の電車

人によって違うかもしれませんが、天気が悪い日は体調がすぐれない方は多いかと思います。私もそうで、雨だけでなく曇りも苦手だったので、晴れの日を選んで乗る練習をしていました。

ステップ1 駅の近くに行って電車や改札を眺めていた

これ意味あるの!?と思いますよね。でも、しばらく電車乗ってなかった方からすると、結構効果があるんです。電車、駅、改札を見るだけでも、電車に乗るときの感覚に少しづつ近づいていっているんです。

久しぶりに電車に乗る前段階として、『見る』という行為は心理的負担の軽い良いリハビリになります。

毎日とはいいませんが、2,3日に1回、気分が落ち着いてる時間に見に行ってみてください。

ステップ2 親しい人と電車に乗ってみた

なぜ親しい人と一緒に乗るのがステップ2なのか

1人で乗るのと親しい人と乗るのでは、私の間隔では半分くらい不安が減ります。

なぜかというと、私は電車に乗ると周りの人がみんな敵のように見えていました。『少しでも変なところ見せたら冷たい目で見られるんじゃないか』と思ってしまっていたのです。

しかし、誰かと一緒に乗ると、その周りへの意識が、目の前のその人に行くので他人への恐怖がかなり薄くなりました。

1番ハードルが高かったドアが閉まる瞬間の乗り越え方

私が1番怖かったのは、電車のドアが閉まる瞬間でした。

なので、その時は一緒に乗った人とスマホで何か面白い写真や記事を見たり、雑談するようにして、ドアが閉まる瞬間を注視しないようにしました。

そして、閉まってしまうともう乗っているしかありませんので、ある意味覚悟が決まります。その後は、ドアが閉まるときの同じ要領でしゃべったりして、とにかく気を紛らわしました。

このまま乗っていられる気がしても無理しない

電車のドアが閉まる恐怖の乗り越え、しばらく乗っていたら、ふっと心が軽くなる瞬間があったのです。このままずっといけるかなって。

しかし、そこは無理して何駅も行きませんでした。

電車に乗れたという自信を作ることが大切なので、無理してしまって体調崩してしまってはもったいないからです。できたところで練習は一旦終了です。

どれ位の期間ステップ1・2を続けたのか?

ステップ1は1か月ほどのんびり続けていました。最初は、見るだけでも乗れない恐怖感が蘇り、嫌悪感もありましたが、一か月ほどでその嫌悪感も薄れてきました。見ることに慣れてきたということだと思います。

ステップ2は、文章で見てみるとあっという間に見えますが、3か月ほどかけて、行いました。

乗れないところから、乗るということなので、ゆっくり時間をかけていって良いステップだと思います。

次へ次へと焦って進まずに、自分ができる範囲のことを慣れるまでやることが大切だと思います。

まとめ

今回は電車に乗る練習として、

  • 前提:電車に乗る練習に最適だと思う電車の状況
  • ステップ1 駅の近くに行って電車や改札を眺めていた
  • ステップ2 親しい人と電車に乗ってみた

まで紹介しました。

とくに、この最後のステップ2は、前述しましたが、乗れないところから乗る、というちょっと段差がある部分なので、1人で乗れるようになるだろうかとか、次のステップなど気にせずに、とにかく親しい人と電車に乗ることを楽しんで練習してみてください(^^♪

なので、あえてこの記事では1人で乗れるようになるステップは書かずに次の記事で紹介したいと思います。

とにかく、無理せず、ゆっくり、できる範囲で(^^♪

私も参加している2つの総合ブログサイトです。パニック障害体験談や克服法などのブログが沢山登録されているので、療養中の参考や励みになると思いますので是非読んでみてください。

また、応援してくださる方はポチっと押していただけるとブログを書く励みになります。よろしくお願いします!


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました