パニック障害体験談:医療費の負担が軽くなる自立支援医療制度を利用しよう

パニック障害

パニック障害で病院に通い続けていると、医療費もかさみますよね…

私もそんな風に悩んでいた時、医療費負担を軽くしてくれる国の制度があることを知りました。

制度を利用するにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、パニック障害の方は利用出来る可能性があります。

そこで、ここでは自立支援医療制度の簡単な説明と、私が実際自立支援医療制度を申請するまでの体験談を書いていこうと思います。

自立支援医療制度とはどんな制度なのか?

自立支援医療制度については、制度が結構複雑なので、ここではおおまかに説明します。より詳しくは厚生労働省の自立支援医療をご確認ください。

自立支援医療制度は簡単に言うと、心身の医療費を軽減してくれる公的な制度です。対象となる病気は身体だけでなく、精神疾患も含みます。

利用するには一定の要件を満たし、申請をし、審査を受け、認定される必要があります。※審査とは書面にて行われる審査です。

自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

引用元:厚生労働省 自立支援医療制度の概要 

自立支援医療制度(精神疾患医療)の対象となるのは?

対象となる疾患については厚生労働省の自立支援医療について(精神通院医療について)に詳細に記載されています。

パニック障害は対象になると記載されています。

世帯収入額によっては対象にならない場合もあることに注意

世帯の収入額によっては自立支援医療制度の対象とならない場合もあるので注意が必要です。しかし、『重度かつ継続』にあたる場合は世帯収入額関係なく対象となる場合があります。

世帯収入額と負担額の関係については、厚生労働省 自立支援医療における利用者負担の基本的な枠組みをご自身でご確認ください。

実際に私が自立支援医療制度の利用を申請するまで

メインのお話はこちら!

実際に私が自立支援医療制度を申請した話しをお伝えします。

実際の申請の話しを聞いて、イメージを描いておくと、いざ行動するときの不安が減ると思うので、参考にしてください(^^♪

ステップ1 かかりつけの病院の先生に診断書を書いてもらう

まずは、用意するのに時間のかかる診断書から準備しました。

診察のときに自立支援医療制度を利用したい旨を先生に伝えて、診断書を書いてもらいました。何に使うのかしっかり伝えることが大切です。

診断書の受け取りは、病院によって差はありますが、私の場合は2週間ほどかかりました。ちなみに診断書は無料ではありません。

ステップ2 申請書を役所にもらいに行く

申請書(自立支援医療支給認定申請書)が必要なのでもらいに行きました。もらえる場所は市町村等だそうですが、私の場合は区役所にもらいにいきました。

この時に、申請に必要な書類一覧をもらえる場合が多いと思うので、わからないところがある場合は質問したりして確認しておくとよいと思います。

ステップ3 必要書類を揃える

申請に必要な書類を揃えます。

必要書類は概ね厚生労働省の自立支援医療について(精神通院医療について)に記載のあるとおりですが、自治体によっては異なる場合があるので、詳しい必要書類については、市町村の担当課や、住んでる地域にある精神保健福祉センターに問い合わせてください。

私の住んでいる地域では、そこの区役所オリジナルのわかりやすい必要書類一覧を用意してくれていたので、そちらを見て必要書類を揃えました。

ステップ4 自分の住んでいる市町村の担当窓口へ申請しに行く

申請書をもらった区役所の担当課にて、診断書・申請書・必要書類を揃えて申請しにいきました。そこでは、窓口の人と多少のやり取りをしました。

そして、申請が終わったあとは、審査がされるので1か月ほどお待ちくださいと言われました。

この審査にかかる時間は、市町村や時期によっても異なると思いますが、私の場合は言われたとおり1か月ほどで認定証が家に届きました。

以上がおおまかな私の申請手続きの流れでした。

申請のイメージが沸きましたでしょうか?

まとめ

自立支援医療制度は、長期間にわたる治療にとても助けになる制度です。

医療費の負担が軽くなるだけで、心への負担も軽くなってきます。

最初の一歩を踏み出すのが大変かもしれませんが、継続的に医療費負担が軽くなるので、是非まだ申請していない方は制度の利用を考えて欲しいと思います。

※注意 自立支援医療制度の専門ページではないので、申請については自己責任にてお願いします。

私も参加している2つの総合ブログサイトです。パニック障害体験談や克服法などのブログが沢山登録されているので、療養中の参考や励みになると思いますので是非読んでみてください。

また、応援してくださる方はポチっと押していただけるとブログを書く励みになります。よろしくお願いします!


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました