パニック障害体験談:不安・緊張に実際に効いたアロマブレント紹介

パニック障害


アロマは1種類でもパニック障害・パニック発作の不安や緊張に効果的ですが、2種類以上をブレンドすることで、また違った香りになり、人によっては効果がアップする場合もあります。

ここでは体験者の私が、実際に使用して良かったアロマの組み合わせパターンを紹介します。

参考にしてブレンドを試してみてくださいね♪

パニック障害の不安・緊張に効くアロマブレント厳選2パターン

不安・緊張に効くブレンドは多数ありますが、実際にパニック発作や不安・緊張が生じた時に使用してみて、落ち着いたブレンドパターンを紹介します。

パターン1.オレンジスイート+ヒノキ

不安・緊張に効果のあるオレンジスイートに樹木系のヒノキをブレンドすることで、甘くて落ち着いた香りになります。オレンジスイートのみですと、不安・緊張を瞬間的に和らげるイメージなのですが、ヒノキをブレンドするとさらにその先も長く気分を落ち着かせてくれる感じの香りになります。

これはトップノートとベースノートの組み合わせが生み出す現象です。柑橘系はトップノート(香る時間は短いが、香りの印象を強く持つもの)で、ヒノキはベースノート(香りはすぐに来ないが長く香るもの)なので、まず瞬間的に不安を和らげ、その後長く気分を落ち着かせてくれる香りになるのです。

パニック発作が強く出てしまった時、不安・緊張が強いときはこのブレンドがとてもおすすめです。

パターン2 .ベルガモット+ヒノキ

こちらも1位のオレンジスイート+ヒノキと同じで、柑橘系+樹木系のブレンドです。全体的な香りのイメージはと似ているのですが、オレンジスイートよりもベルガモットの方がヒノキと香りの系統が似ているので、香りとしての相性がとても良く感じます。

ベルガモットは鎮静と高揚の両面の効果をもつアロマなので、ヒノキをブレンドすることで、鎮静をより深めつつ、高揚、つまり元気にさせてくれる感じの香りになります。

不安・緊張を和らげつつ、元気をを出させてくれるこのブレンドは、「不安・緊張が高まってきたかなー」「でも仕事に行かなきゃ」のような何かの不安・緊張する行動をする前に使用するのがおすすめです。

不安・緊張が強すぎるときは、オレンジスイート+ヒノキが良いと思います。

ブレンド作業で「今」に集中し、予期不安を和らげる

ブレンドする作業をすることは他にも嬉しい効果があります。

ブレンド作業をすることで、不安な気持ちを和らげることにもつながります。

何か作ったりすることで「今」に集中することができるので、予期不安がその時和らぐという心理効果があるのです。

色んなアロマをブレンドして自分に合ったブレンドを見つけよう!

手元にアロマが増えていくと、いろいろブレンドして試してみたくなりますよね。

もちろん、実践的にどんどんブレンドしていくのもやみくもにブレンドするよりは、相性のよい精油があったりするのでそこから始めると失敗しない香りになります。

ブレンドで失敗しないためには、本やネットで調べたり、オンラインスクールで学ぶのもおすすめです。

オンスク.jpの「アロマテラピー検定」の講義を受けるメリット

  • 相性の良いアロマを知ることができ、自分の体調にあったブレンド方法を知ることが出来る
  • 様々なアロマの利用方法を知ることができ、より不安・緊張を和らげる方法を知ることができる。
  • 元気になってきたら検定を受けることもでき、それを活かした仕事もできるかもしれない

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

私も参加している2つの総合ブログサイトです。パニック障害体験談や克服法などのブログが沢山登録されているので、療養の参考や励みになると思います。

また、応援してくださる方はポチっと押していただけるとブログを書く励みになります。よろしくお願いします!


パニック障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました