【司法書士受験生向け】行政書士試験勉強法1:科目全体に共通する勉強テクニックと法学・憲法編

行政書士

すべての科目をから1から勉強する必要はない

私自身最初やってしまいそうだったのですが、被っている科目も含めで行政書士の講義をすべて聞こうとしていました。司法書士受験をしていると、すべての科目が難しくて自分の実力が低い気がしてしまっていたからです。

しかし、自信を持ってください、実力はすでにかなりついているのです。自分が信じられなくても本当なのです。なので、司法書士受験者は被っている科目を一から聞く必要はありません。

司法書士受験経験者は、短期間で効率よく、自分のアドバンテージを生かした勉強法で行政書士試験に臨みましょう!

科目別の勉強法

それでは、本題の各科目の勉強方法です。短期決戦になるので、かなり正攻法とは異なる方法をとりましたが、それでも実際私が行った各科目の勉強法を知りたい方はご一読ください。

1.法学

法学のついては、ほとんど時間を割きませんでした。何の法律が出るかもわからないし、短期決戦でこの科目に時間を割くのはもったいないと感じたからです。

したことと言えば、テキストを一読したのみです。しかしテキストに書いてあることが出るとも限らないので、法学という科目がどのようなものか知るためだけに読みました。

実際、合格した年には民事訴訟法が出題され、テキストには全く知識は載っていませんでした。

法学は、司法書士試験で培った知識で解ければラッキーという程度の扱いで良いと思います。私は、正直運だと思いました。ここに時間をかけるくらいなら出題数の多い科目の過去問を解いた方が圧倒的に効率的です。

2.憲法

憲法は、司法書士試験と被っています。しかし、出題のされ方が司法書士試験とは異なる点に注意が必要です。

司法書士試験は、学説を多用し、論理的な思考を問う問題が多く重箱の隅をつついてくるようなものが多かったと思いますが、行政書士試験の憲法は、条文と判例に忠実な問題が多いです

学説問題に慣れてしまった司法書士受験生はこの意外に素直な出題のされ方が司法に慣れていなかったりします。

よって、憲法は一から勉強する必要も講義をすべて聞く必要もないですが、テキストに書いてある国会についての何分の1の賛成が必要だとか、そういった基本的な部分をしっかり押さえるようにしましょう。出題されやすい判例などもテキストにまとまっているので、重要な文言を暗記しておくことが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました