【司法書士受験生向け】最初の1か月の行政書士試験の具体的な勉強スケジュール

行政書士

1.行政法の講義を聴きながら同時に過去問を解いていく

1.テキストに「なじむ」ことからはじめる

1年目お試し受験した場合は、司法書士受験生は当たり前のことながら行政法は全然わからなかったはすです。

したがって、司法書士受験生が身につけるべき科目は行政法ということになります。

どのように勉強するかというと、いたってシンプル通信講座の講義を聴きます。講座を聴くコツは、試験でどのようなポイントが問われるかを意識しながら、テキストになじむことに専念することです。

この、「なじむ」という作業は、是非意識していただきたいです。司法書士受験した方はこの感覚がお分かりになるかと思いますが、試験勉強で、一番お世話になるのがテキストです。なので、体裁、文字のフォント、色合いなどテキストのすべてに自分の感覚をなじませていくことで、頭にテキストの中身がはいりやすくなってきます。講義を聴きながら、これでもかってほどテキストを眺めてなじんでください。

2.講義を聴きながら単元ごと過去問を解いていく

行政書士試験までは、時間がありません。1年スパンの受験であれば、一通り講義を聞いたら本格的に過去問を解くという方法をとってもよいと思いますが、数か月という短期決戦では、新し知識を入れたらガンガン過去問を解いて、行政法の問題の解き方の感覚・思考回路を鍛えていくのが合格への最短の道です。

行政書士の問題は、過去問を大幅に逸脱する問題はあまり出題されません。なので、予備校の予想問題集などよりも、是非過去問を解くことをおすすめします。

1.民法は行政書士用のテキストは読まずに過去問だけやる

司法書士受験生は民法の知識は十分

司法書士受験生の民法の実力は、ちゃんと勉強していればすでに行政書士の民法の問題を解けるレベルに達していると私は思っています。なので、基本的には民法に関しては行政書士用の講義やテキストは読まずに、過去問を解いて行政書士の民法の問題に慣れていくことで対策としては十分だと思います。

行政書士用のテキストに手を付けないという勇気ある判断

私は試しに民法の行政書士用のテキストを見て講義を聞いてみたら、余計混乱してしまいました。よって、知識の元は一元化しておくことが望ましいと感じ、行政書士用のテキストは使わず、講義も聞きませんでした。

手元に教材があるのに、手をつけないというのは勇気のいる判断だと思います。しかし、新しいテキストで新しい講義を頭に入れていく作業はそう簡単ではありません。もともと知識は十分にあるので、自信を持って行政書士用の民法テキスト・講義は使わないという選択をするのも余計な時間をかけない勉強テクニックだと思います。

不得意分野だったところは司法書士用のテキストで見直し

民法の知識は十分とはいえ、民法の範囲は広いので司法書士受験勉強中も不得意だったり、記憶があやふやな分野があると思います。

そういった部分に関しては、しっかり知識を定着させておきましょう。記述式では、解答のなかにキーワードを確実に埋めていかなければならないので、重要条文などはあやふやなままにしないでおくことが大切です。

司法書士用の直前チェックがおすすめ

民法の教材に関しては、今まで使ってきたテキストで良いと思いますが、私は副教材として司法書士受験中「直前チェック」という教材を使っていましたので、行政書士勉強中はこの「直前チェック」を使っていました。

シンプルなつくりですが、効率よく重要な知識を記憶に定着させてくれる優れたテキストだと思っています。行政法を勉強しながら不得意分野を直前チェックでたまに確認しておく、なんていう使い方はベストだと思います。

また、この「直前チェック」は問・答えがシンプルな文章で記載されており、この問・答えの繰り返しが、記述式のときにかなり役に立ってくるのです。

記述式で「直前チェック」が役に立つより詳しい理由は司法書士受験生のための記述式の勉強法3:民法編で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました